2018秋 10月28日 M3
ヴァイオリニストの松本一策さんが主催する
生ヴァイオリンによるいっさくこんぴに参加させて頂きます!

デモサイズアップしましたのでよかったらご視聴ください。

ヴァイオリン・ヴィオラ : 松本一策 @issaku_m
ボーカル・コーラス: 山本 晃 @Akira_Y_song
ギター:YAMAGEN’S DEVILELIET @devileliet
作詞・作曲・編曲・他全て:錦 陽香 @viamyu

● 仮想世界観&設定
19世紀ロンドン。兄のように慕っていた旅するヴァイオリン弾きは、
町にやってきては世界の向こう側の話を聞かせてくれた。
いつものように駅まで見送りに行ったきり会えないまま月日が過ぎたある日、
大樹の下にヴァイオリンのケースと手紙が埋まっているのを見つける。
あの日一緒に歩いた線路に沿っていけば、
きっとまた出会えると信じて少女はヴァイオリンを片手に旅をする。

歌ものなんですが、
後々で楽器でも演奏してインストアレンジで流れるような挿入歌にできるように
どちらかというと歌的なメロディーじゃなくて、
いろいろな使用パターンに編曲できそうな曲を作ってみました。

普段歌ものを作る時は、こんなに難しいメロディーには絶対にしないので、
ボーカルの晃さんの音域がかなり広かったので、晃さんに合わせて頼めたような曲でした。
風邪ひかれていてさらに大変だったみたいですけど、
最後まできっちり歌いこなしてくださっていて良かったです^^*

ギターは、よくお願いしているYAMAGENさんに頼みました。
1箇所だけオクターブで演奏していて、
人間では不可能なフレーズがあったと報告書に書かれていて一瞬どきっとしました。
YAMAGENさんのツイッターを見たら
台風の影響でものすごい被害に見舞われていたみたいで、
黒魔術の儀式みたいな様子の写真がアップされてたので、
こんなの見たことないですよ!?って言ってたんですけど、
そんな中でもやりとりをしてもらっていたのでありがたいです。

そして一策さん。
生ヴァイオリンのすごさを実感しました!
特にスタッカートとかは、いつも多めに言わないと
全然されてないこととかも多いのですが、
初めて何も言わなくて音源だけで判断して
こういうの欲しかったっていうような、
カッコいいキレのある演奏をしてきてくださいました。
やっぱり生音すごいですね!

豪華なレビュー書いていただきました。

機会があればピアノアレンジなんか作ってみたいですね〜。
参加者様ありがとうございました。
楽曲の歌詞など詳細は↓ よりご覧ください。

いっさくこんぴ/M3 2018秋 10/28/参加します

今回イベントへは行けませんが、たくさんの方が参加している豪華なコンピになりますので、
是非、一策さんブースへ訪問してください (*´∇`*)ノ

全ての記事