ヴァイオリニスト 松本一策さんが主催する
生ヴァイオリンコンピに参加します。
http://s-violine.com/index.php?compilation

2018秋 10/28
M3

ロンドン。

旅するヴァイオリン弾きは、町にやってきては
世界の向こう側の話を聞かせてくれた。

いつものように駅まで見送りに行ったきり、
会えないまま月日が過ぎていく。

ある日、いつも話をしていた大樹の下に
ヴァイオリンのケースが埋まっているのを見つけ、
ケースの底には手紙が挟まれていた。
あの日一緒に歩いた線路に沿っていけば、きっとまた出会えるはず。

『無限線上の汽車』歌詞

試しに拳を結んで
世界の風 飛び込め
君が語るのなら
夢中で追いかけて

砂を撒き上げ走ってくのは
水平線上の汽車
少し塞ぐ君の 明日も知らずに

両手よ高く 雨がそそいでも
再び同じ夜は待ち続けない

いつか 無限線上の
どこかの大地に続いてゆく
世界中と2人だけの
長い旅

いつか 無限線上は
迷い着いたなら 覗き込んだ
映りこんでゆく空は
赤く

寂しい服 添えられた
私には似合わない花
名前のない果てを
夢中で愛してた

錆びついて走らなくなってゆく
水平線上の汽車
おいで 眠るのなら
着いてくるでしょう

月日よどうか 日々を知らすな
昨日に続く道が 崩れる前に

いつか 無限線上の
どこかの大地に 閉まわれゆく
もうこれ以上 もう歩けない
嘆いてた ああ

無謀と頑なに
大地を傷つけた
二十余時間 許された気がした

今日しかないほしを
綺麗と思うのは
君といた わたし
ここだよ
知るものだから

いつか 無限線上の
どこかの大地に 続いてゆく
世界中と2人だけの
長い旅

いつか 無限線上は
迷い着いたなら 覗き込んだ
映りこんでゆく空は
鳴いた

クレジット

ヴァイオリン・ヴィオラ : 松本一策 @issaku_m
ボーカル・コーラス: 山本 晃 @Akira_Y_song
ギター:YAMAGEN’S DEVILELIET @devileliet
作詞・作曲・編曲・他全て:錦 陽香 @viamyu